(686) モンゴル日記(401)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて149 】

 上の写真はこの草原で唯一撮影したイネ科(だと思う)植物である。個体数はひじょうに少なく、ここでは珍しかった。それもあってレンズを向けた。草丈は70,80㎝はあったろうか。生育していたのは草地ではなく礫混じりの場所だった。

 この植物は面白いことに、穂先部分の多くがほぼ直角に横に折れていた。これも目に留まった理由のひとつだ。人為的にそこが折られたわけではなかろう。もともとこうした形質なのだろうか。ところでイネ科植物は美しさや色香とは無縁のように感じる。しかし人類は基幹食料として米や小麦に全面的に頼っている。地球上のほとんどの人々が毎日どちらかに世話になっている。偉大な植物グループだと思う。

 さて下の写真はエーデルワイスの集団である。手前には少しだけキク科植物が見られるが、大半がモンゴルのエーデルワイスである。見渡す限りとはいえないが、面積は数百㎡はあったのではなかろうか。とにかく,なかなか広がっていたのだ。ただ花色が派手ではないので、強烈さを与えない。しかし暖かい心持ちにはしてくれる。

 興味深かったのはここのエーデルワイスはみな背丈があり、多くが30㎝以上はあるようだった。こんなに多くの背高ワイスがある風景は、これまで見た記憶がない。そこで浮かんだ。この花のモンゴルでの花言葉は「草原の貴婦人」!

 日々興味津々、日々ワクワク。 (K.M)

(685) モンゴル日記(400)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて148 】

 上の写真の植物は前号に引き続いて、キク科植物だと思う。しかし,同一種ではないという気がするが、分からない。草丈は数十cm、花茎はまっすぐで葉がほとんど付いていない。トゲがないから、やはりタムラソウに近い種だろうか。

 また写真下のこの黄色い花は何だかよく分からない。何の仲間か,分類の科名も見当がつかない点では、今回の旅で撮影した植物のなかでは一,二番だ。ただ,ご覧のとおり特徴的な姿である。葉の付き方が輪生であること。また四弁花らしいが、その集合が花穂を形成していること等である。

 どうして,この二つの花を撮影したか。このピンクと黄色のコントラストが興味をそそったからでもある。たまたま,この二つの植物はお互い近い位置にあったのだ。

 ところで,この草原の南端には唯一の道路が走っていた。もちろん舗装ではない。その道路を走るクルマなど、きのうの到着時から一度も目にしていなかった。ところが,筆者がこうして植物の撮影に没頭していたら、1台のトラックが近づいて来た。ここで初めて出会った車両だ。

 運転手は男性で年配のようだった。彼は筆者の方を見ながら、ゆっくりと過ぎて行く。草原で何をしてんのか,イイ年のおっさんが、と思ったかも知れない。積み荷などはなく、何かの調達だろうか。でも,どこからやって来たのだろう?

 日々植物、日々動物、たまーに”ヒト”。 (K.M)

(684) モンゴル日記(399)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて147 】

 写真上はキク科植物と思われる。ただキク科は幅ひろく多くの種類があるから、筆者は正直よく分からない。どちらかというと、タムラソウに近い種だろうか。大株が目立ったが,集団は形成せず、草原の端あるいは河川敷あたりで生育していた。

 下の写真は、写真上とは違うキク科植物とモンゴルのエーデルワイスが混在する様子だ。草丈はどちらも高くない。広い面積ではないが、ミニお花畑といったところだろうか。

 ところで以前にも触れたが、この草原の南側には低い山が東西に延びていた。比高でいうと、この草原より100mほど高いくらいか?その山麓には樹林帯があり、そこに様々な野鳥が棲んでいた。とにかく早朝から、色んな鳥の鳴き声,さえずりがそっちから聞こえてきた。また,ときどき河川敷の方からも届いた。しかし筆者の近眼もあるせいか、姿はまったく見えない。しばらく耳を澄ましていたが、それらは3,4種どころではない。7,8種類くらいだったように思う。時にカッコウみたいな声も耳にした。

 今回,長居したレンチンルフンブ村ではこんなに多くの鳥の声には接しなかった。こうした賑やかな朝のさえずりに接したのは、一昨年に行ったエグ川以来だった。そこは今回のフブスグル県の西隣ボルガン県なのだが。

 ところで,テントの中の人々はまだ誰も起きて来ない。モンゴルの人たちは宵っ張りの朝寝坊?! (K.M)

(683) モンゴル日記(398)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて146 】

 以前述べた植物だが、たまたまこの草原でも咲いていた。個性派なので再び紹介しよう。

 まず上の写真の植物。(写真がボケていて失礼!)花はデルフィニウムだろう。実はこれには既に、行くときに出会っていた。調べてみると、(562)号ではこれについて写真も載せて書いていたのだ。印象が強かったので覚えていた。

 青系でなく、このようにこげ茶色のような花色。けれど今回,写真右下のつぼみをよく見たら、少し青みを帯びている。だから蕾のうちは青っぽいが、花が開くに従い,こんなくすんだチョコレート色に変化していくのだろう。前回は行きだったので時間がなく、クルマから降りて撮影しただけ。でも記憶をたどっていくと、今回下ってきた川をはさんだ反対側あたりでそれを発見していた。だから,分布域がこの辺りなのだろう。

 さて下の写真である。これも以前に紹介した花だ。キンポウゲ科のトリカブト属(Aconitum属)の植物である。白と表現するよりはクリーム色と言うべき花色だが、れっきとしたトリカブトの仲間。ただモンゴルでは伝統的な薬用植物として利用されてきたようだ。背丈があって優しい草姿と花色なので、ここの草原でもやはり目についた。

 ところで朝のうち、辺り一帯には夜露が残っていた。これは多くの植物たちには命の露なのかも知れない。

 日々静かな感動、日々やわらかな充実感。 (K.M)

(682) モンゴル日記(397)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて145 】

 上の写真は日本のギシギシの仲間だろうか?姿・形が似ている。花穂?が赤かったので興味を引かれた。この草原では所々に立ち上がっていて、草丈は1mに達するものもあったろうか。

 しかし現地では気づかなかったが、この写真を拡大してみると、茎の中ほど右端に少し白っぽい花穂のような部分を発見した。たぶんこれが本当の花なのだろう。それが時間がたって、赤く変化したと思われる。

 さて下の写真は、テント設営地の朝を遠望したものだ。南側の山麓から撮ったもので、草原と川辺の間に豆粒のようなものが並んで見える。それが筆者たちのクルマとテントである。6時頃の写真だ。

 夕べは皆が遅くまでやっていたようだ。延々と飲み続ける男性軍、切れ目なく喋りつづける女性軍・・・それに絶えない笑い声。それでも筆者はいちばん早く眠ったようだ。

 この日の朝は5時に起床、うす曇り。山麓を中心に、周辺からは何種類もの鳥の声がにぎやかに聞こえてきた。もちろん誰も起きていない。いつものように”朝の用務”を草むらで終え、川で顔を洗う。清冽な水が気持ちよかった。そして,この日は朝の体操もやることができた。この日は奇数日だったので、「みんなの体操」と「ラジオ体操第一」。北モンゴルに来てからやれなかった日もあったが、今朝は爽やかな空気の中で「1,2,3,4・・・」と始めた。

 日々元気、日々爽快。 (K.M)

(681) モンゴル日記(396)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて144 】

 写真上の花はウメバチソウの仲間だと思う。これも群落と言えるほどの集団は見当たらなかった。が,このくらいのりっぱな株が特定のエリアに生育していた。この草原は近くに山もなく、また周囲に樹木も無いので、どこも日当たりが良い。それで,このウメバチソウが生育していた辺りも日はよく当たったいた。それにやや湿ったような場所だった。

 10輪前後の白い花をつけ、その花弁にはタテに走る脈のような線が透けるように刻まれていた。実に清らかな姿で、日本でもこの姿に魅せられた山野草ファンが少なくないらしい。

 ところで下の写真の植物である。どうも花が終わった状態のものだったようだ。だから,花が確認できず。その代わりに綿毛のようなものが出来ていて、その間から”しべ”が突き出ているような姿だった。これがもう少し進むと種子が形成され、やがて周囲に飛んでいくのだろう。またご覧の通り、花色は青系か紫系だったようだ。

 ではこの草本は何だろう?いろいろ調べた。山野草に通じている方からも意見をお聞きした。その結果、タマシャジンなのではないか、となった。それならばキキョウ科のタマシャジン属(フィテウマ属)の植物である。筆者は詳しいことはよく分からない。ただ気になったのは、その種のもともとの分布域はヨーロッパ・アルプスだとされていたことである。

 日々目新しさ、日々疑問。 (K.M)

(680) モンゴル日記(395)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて143 】

 テント設営地の南側にはズーッと草原が広がっていた。そこでは様々な花が見られた。テントを張る前に時間ができたので、周辺をちょっと観察しながら歩いてみる。もちろん撮影しながらである。

 ただ,ここに着く前にカメラは充電池の能力切れのために使えなくなっていた。しかし,たまたまスマホ用の車載充電器をJ君が持っていて、それを借りてスマホを復活させた。そのスマホ・カメラで撮ったせいか、サイズがちょっとカメラと違うようだったが。

 それはともかく,そこには大群落こそなかったものの、メガネをかけてよーく見まわすと、なかなか色んな花が目に入って来た。雲の多い日だったが、夕方の7時近くでもまだ明るかった。

 上の写真はおそらくリンドウ類(ゲンティアナ属)だと推測する。日本にはリンドウの仲間が10種以上は分布しているようだが、葉がこんなに長くて剣のような種類はないように思う。草丈はないが、なかなか個性的な草姿だった。それに,この花形とこの青色は独特で目を引かれた。よーく観察したら、花の下にツボミをいくつも抱いていた。

 一方,下の写真はおなじみのモンゴルのエーデルワイスだ。すでに何度か紹介していると思う。けれど,こうしたりっぱな株はあまり目にしなかった。この草原ではこうしたものがあちこちで小群落をなしたり、点在をしていた。

 あちこち花々、あちこち目移り。 (K.M)

(678) モンゴル日記(393)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて141 】

 ウランウール村を出発してからは、あまり寄り道をしなかった。夜のキャンプ場所を探していたからだ。そして、しだいに草地が増えてきた。それに連れ、道沿いの植物も目立ってきた。

 写真上は、花を咲かせたネギ類(アリウム属)とキキョウの仲間と思われる。ネギ類の原産地のひとつはモンゴルの山地だと、去年だったか?NHKテレビで放送した。確かにそれはネギ類だったようだが、チト系統が違うらしい。

 参考までに調べてみると、ネギの原産地は一般的には中国西部,中央アジアとされている。けれど資料によっては、中国西部だけの記載のものもある。あるいは中央アジアから中国西部,バイカル湖付近までとする説もあるようだ。

 だから、モンゴルに野生ネギの原種があったとしても不思議ではなかろう。また,それらが採取され人々の食材にもなっているという事実は自然だと思う。

 思い出してほしい。来るときに、これに似た野生ネギを抱えた女性に出会った。正確に言うと、夫らしき人物が運転するオートバイの後部座席に跨っていた,あの女性である。彼女は、料理して食卓に出すと言っていた。そのことは(568)号で書いた。

 ところで写真下はナデシコ類(ダイアンサス属)だろう。こちらもこの辺りでは、たびたび見かけた。可憐な花だが、この花色に接すると何やら元気が出てきた。

 花に慰められ、花に活気づけられ。 (K.M)

(677) モンゴル日記(392)

【北モンゴル最奥部を訪ねて140 】

 前号で述べたあの木橋を渡って、しばらくの間走る。そして,この地域で唯一の売店を持つ村―ウランウールに寄って用を足した。そこの売店はコンビニに似ており、きれいで明るい店内だった。各自そこでいろいろな物を買い求め、近くにガソリンスタンドもあったので、給油をするクルマもあった。

 ところで,この村でちょっと珍しい動物と人々に出会った。それが上の写真である。荷台に乗せた動物はトナカイ。そしてそのトナカイをトラックに積んで運んで来たのは、ツアータンという少数民族だという。

 彼らはモンゴルの最北部に住み、ふだんはタイガの森林山岳地帯で暮らしているらしい。トナカイ以外は放牧せず、たまにこっちに出かけて来るらしい。とくにナーダムのときはフブスグル湖付近で会える可能性が高いのだという。

 トナカイというのは、その肉や乳,皮が利用されるほか、その角は漢方薬の原料として珍重されているらしい。

 ちょっと面白かったのは、牛馬や羊を見慣れている人々がトナカイにとても反応を示したことだ。みんなが代わる代わる荷台の彼らを覗いた。モンゴルの人たちにすれば、トナカイというのはなじみの薄い珍しい動物で、興味深い動物と映るらしい。

 さて下の写真は、以前にも紹介したキキョウの仲間だろう。この花はこの辺ではときどき現れた。

 モンゴルの人も時には驚き、もちろん日本人は日々驚き。 (K.M)

(671) モンゴル日記(386)

【 北モンゴル最奥部を訪ねて134 】

 ツーリストキャンプを出発してから2時間後。前号で述べた”大”問題は片付いた。しつこくB氏に頼み込んで、森の外れで行なったからだ。笹はなかったが、ササッと済ました。

 そして長く続いた森林のオフロードを抜けると、美しい湖面が現れた。サガンヌール湖である。来るときB氏から、”サガンヌール”はモンゴル語で「白い湖」という意味です、と聞いた。なるほど耳にした時、言葉の響きも意味も悪くないと思った。そして何よりも姿が美しかった。

 その湖岸は入り組んでいて、様々な景観を見せてくれた。しばらく走り、湖岸で休憩をとる。とはいえ、そこは湖面から100m以上は離れた乾燥地。下の写真はその時に見つけ、撮影しておいた植物だ。写真中央、イワレンゲの下で鮮やかな赤い実をつけた細い葉のヤツだ。その時は何だろうと思ったが、忘れていた。

 ところが帰国してから、今回の写真にじっくり目を通す機会があった。その際,「これは何だったろう」と、あの川の合流地点で撮影した水生植物も含め、あれこれ調べた。そして,これについては日本とモンゴルの関係書籍や資料、そしてWikipediaでも確認して結論が出た。マオウである。

 マオウ科マオウ属という一科一属の,日本にはない植物と分かった。乾燥厳しい地で生育し、薬用にも使われるらしい。

  森の後は湖だった、湖の後はナーダムだった?! (K.M)